2018.10.26 隠れた名品!

福岡県八女市で薪ストーブ・煙突工事を行いました!

 

DSCN2775.JPG

棟上げの後、煙突貫通部の穴開けですblush

干渉する垂木はカットして、必要な補強をおこないます。

 

DSCN2783.JPG

煙突を固定して、屋根の雨仕舞いが完了ですlaugh

 

DSCN4043.JPG

それから数カ月・・・、

現場では新しい生活が始まり、土間と炉台が完成しています。

 

DSCN4051.JPG

本体を搬入し・・・、

 

DSCN4055.JPG

室内煙突を接続すれば、設置工事が完了ですyes

 

DSCN4056.JPG

そしてそのまま、火入れと取り扱い説明を行います。

オーナー様による着火ですwink

 

DSCN4059.JPG

薪ストーブは、デンマーク製 morso社 1630CB です。

ノスタルジックな雰囲気が漂う大型薪ストーブです。

それもそのはず、その歴史は古く1985年のデビューです。

基本的なデザインを変えず、30年以上もコンスタントに世界で売れ続けている名品なのですyes

薪ストーブ   投稿者 : mnonaka

2018.09.21 薪ストーブの設置シーズンになりました!

福岡県北九州市の建設現場で、二期工事を行いました!

 

DSCN3672.JPG

以前の煙突施工直後の様子。

 

DSCN3915.JPG

それから数ヶ月、足場が取れて煙突が姿を現しましたblush

 

DSCN3914.JPG

こうして建築にガッチリ設置されている様子を見ると、煙突は重要な設備であることを

再認識します!

煙突の設置には、相応のイニシャルコストが掛りますが、向こう何十年と取り替える事は

ありません。

その時代の一番高性能な商品を選ぶ事が、結果として建築と薪ストーブの寿命を

延ばしてくれますwink

 

DSCN3908.JPG

そして、ガラスフロアプレートの上に納まった薪ストーブは 英国製 アラダ社 エコバーン

プラス11blush

スチール製の大型モデルです。

 

DSCN3912.JPG

広~い事務室が、エコバーンプラス11の仕事場になります!

良い仕事をして下さいねyes(冬期限定ですが)

薪ストーブ   投稿者 : mnonaka

2018.09.19 モダンデザイン

福岡県久留米市の新築住宅で、全工事を行いました!

 

DSCN3926.JPG

予め、壁の中に設置していたメガネ石を発掘blush

壁出しで、煙突を取り付けていきます!

 

DSCN3928.JPG

足場の使用で、安全に作業ができますwink

 

DSCN3941.JPG

室内に薪ストーブを搬入しました。

デンマーク製 モルソー社 S50-40ですblush

 

DSCN3944.JPG

ガラスフロアプレートを敷いて、その上に薪ストーブ本体を設置。

煙突を接続すれば、モダンデザイン薪ストーブの取り付けが完了ですyes

鋼板製のS50-40は、燃焼室が広く、ドアが大きく開放するのが特徴です。

ドアガラスが湾曲しているので、着火後は比較的早く暖かさを感じる事ができますlaugh

早くも、火入れの時が待ち遠しいですねwink

 

薪ストーブ   投稿者 : mnonaka

2018.09.02 陸屋根の煙突工事

福岡県春日市の既設建築で、煙突の取り付けを行いました!

 

DSCN3867.JPG

建築工事で、でき上がったチムニー囲いに煙突を固定して行くのですが・・・、

 

DSCN3869.JPG

囲い内に木部が露出しているのは法令でNGなので、不燃材でしっかりと覆います!

ここ大事ですyes

 

DSCN3873.JPG

この現場、外部の煙突資材は全て無塗装ですblush

ステンレスの素地はピカピカなので、この時期は顔が焼けますcool

 

DSCN3874.JPG

水勾配0.5寸の陸屋根に煙突の設置が完了しました!

 

さて、ここでお知らせです。

ファイヤーワールドグループでは、毎年技術研修会を行っていますwink

今年は、ファイヤーワールド岡山にて9月5~6日の予定です。

その間はショールームを臨時休業とさせて頂きます。

ご不便をお掛け致しますが、どうぞ宜しくお願い致しますm( _ _)m

 

薪ストーブ   投稿者 : mnonaka

2018.08.30 伝統工法と薪ストーブ

福岡県遠賀郡の新築住宅で、煙突の一期工事を行いました!

 

DSCN3831.JPG

山あいの、のどかな土地に建築が進んでいますcheeky

近くの川では、真っ黒な川ガキ達(失礼)が魚採りに夢中です!

 

DSCN3835.JPG

厚さ30ミリもある、さねつぎの天井に、小屋裏の防火区画がバッチり仕上がっていますwink

 

DSCN3836.JPG

こちらの建設会社は、社寺が専門とのことで、あちらこちらに伝統的な日本建築の工法を

見ることができますblush

確かに今時、土壁の住宅などはほとんど見かけません。

時間とコストは掛りますが、これから大切な家族と財産を守る大事な壁です!

 

DSCN3839.JPG

その土地の風土に合った自然素材の家は、そこに住まう家族を永く見守ってくれる事でしょうyes

秋の終わり頃には、薪ストーブ本体が設置できそうです。

薪ストーブ   投稿者 : mnonaka

2018.08.20 台風接近中!

福岡県筑前町の新築住宅で、一期工事を行いました!

台風が来るまでには、なるべく雨仕舞いを終わらせたいものです。

 

DSCN3699.JPG

寸法・形状共に、板金屋さんは完璧な仕事をして頂いております!

 

DSCN3707.JPG

お陰さまで、作業がとてもスムーズに進みますwink

 

DSCN3711.JPG

水切りの形状に独特なセンスが伺えますねblush

 

DSCN3718.JPG

足場が解ければ、薪ストーブ本体の設置ですyes

 
薪ストーブ   投稿者 : mnonaka

2018.08.05 夏季休業のお知らせ

8月の夏季休業のお知らせです。

 10日(金) 営業

 11日(土) ~17日(金) 休業

 18日(土) 営業

休業中はご迷惑をお掛け致しますが、どうぞ宜しくお願い致します。

 

さて、先日ユーザー様のお宅にメンテナンスに伺った際、斧の破損について相談を受けました。

 

IMG_8532.JPG

「作業中に打ち損じて、石に当ててしまい刃が欠けてしまいましたが、修理は

できるのでしょうか?」、と。

患者は、グレンスフォッシュのワイルドライフですblush

 

IMG_8533.JPG

刃の再生はできないので、ここは大段に外科手術を行いますsurprise

鍛えられた炭素鋼は熱に弱いので、冷却しながら余分なところをカットします。

 

IMG_8535.JPG

全体を磨いて整形手術が完了です!

皮ケースが少しブカブカになりましたが、元気に現役に復活しましたwink

薪ストーブ   投稿者 : mnonaka

2018.07.20 毎日酷暑です!

全国的に酷暑が続きます!

そんな中、長崎県佐世保市で薪ストーブの設置工事を行いましたcool

 

DSCN3673.JPG

現場は、築80年程のリフォーム中の古民家です。

打ち合わせ通りに、きれいな炉台が完成していましたlaugh

時刻は9:25

 

DSCN3677.JPG

小屋裏の防火区画の造作もバッチリですwink

 

DSCN3685.JPG

お客様がセレクトした薪ストーブは、ノルウェー製 ヨツール社 F400SE です。

ドアに格子が無いデザインで、スペシャルエディション(SE)と呼ばれています。

 

DSCN3687.JPG

無事、炉台に座りました。

時刻は11:30

 

DSCN3693.JPG

室内煙突を取り付けて、設置工事が全て完了ですyes

時刻は12:15

現場到着から約3時間で作業が完了しましたが、事前の打ち合わせと大工さんの

作業完成度が高かったお陰です。

さて、火入れは秋までお預けですねsurprise

楽しみにお待ち下さいませ。

薪ストーブ   投稿者 : mnonaka

2018.06.17 RC壁+壁出し煙突プラン

福岡県福岡市の既設住宅で、全工事を行いました!

 

DSCN3726.JPG

現場は丘陵地にある閑静な住宅街。

それ故、道路からの高さがあり、重量物の資材搬入に頭を悩ませますcrying

 

DSCN3724.JPG

現場には立派な足場が仮設され、安全な作業に徹することができますwink

 

DSCN3736.JPG

コア抜きされたRC壁に、煙突を固定しますblush

 

DSCN3744.JPG

アッと言う間に、パラペットの上まで煙突トップが顔を出しましたyes

 

DSCN3749.JPG

外部の工事が終われば、次は薪ストーブ本体の搬入です!

早速、台車に乗った薪ストーブがリビングに登場cheeky

 

DSCN3752.JPG

設置が完了した薪ストーブは、バーモントキャスティングス社 アンコールです。

カラーはトワイライトで、濃紺の淡い艶が特徴ですlaugh

クラシックなデザインは、重厚なインテリアに上手く溶け込みそうです! 

薪ストーブ   投稿者 : mnonaka

2018.06.11 鉄骨+壁出しの煙突プラン

福岡県北九州市の鉄骨造の建築で、一期工事を行いました。

 

DSCN3616.JPG

今回の建築は、こちらの鉄骨造ですblush

 

DSCN3615.JPG

取り付けのポイントは、横桟のC型チャンネルにボルトを固定することです。

幅は50ミリしかありませんsurprise

外壁が貼られると分からなくなるので、図面との整合性を事前に確認しておく必要があります!

 

DSCN3644.JPG

さて取り付け当日、予め壁の中に固定していたメガネ石を発掘(笑)します。

 

DSCN3649.JPG

仕上がった外壁に、煙突貫通用の穴が開きましたwink

 

DSCN3656.JPG

C型チャンネルをめがけて開けた下穴に、コーキングを充填します。

穴位置の間違いは絶対にNGですsurprise

 

DSCN3657.JPG

タッピングボルトを使い、煙突固定用金具を固定します。

 

DSCN3663.JPG

そして、水平・鉛直・壁からの離れ等、全ての基準となる壁貫通部の煙突固定が完了yes

 

DSCN3668.JPG

あっと言う間に、建築最上部のパラペット部まで煙突が立ちあがりましたwink

 

DSCN3672.JPG

数日後には足場が解体されます。

すぐに二期工事となりますが、どんな薪ストーブが設置されるのでしょう?

楽しみですねcool

薪ストーブ   投稿者 : mnonaka