2020.03.28 年度末の設置ラッシュ!

春は、新年度に合わせてご新築の竣工が多い時期です!

 

IMG_6634.JPG

その竣工の工程に合わせて、薪ストーブの設置を行います。

今回設置する薪ストーブは、デンマーク製 ライス社 Q-TEE2C UC ですblush

使い易さと、美しい炎、そして何より世界で最も厳しい環境基準をトップでクリア

しているモデルですwink

 

IMG_6635.JPG

今回の現場は、福岡県新宮町の新築住宅です。

そして設置する場所は、リビングとダイニングの間で、キッチンを背中に向けた位置です。

 

IMG_6637.JPG

煙突は、真上の部屋の床を貫通します。

二階より見下ろすとこんな感じで、キッチンカウンターが見えますblush

何故か、床には丸い穴が・・・。

 

IMG_6636.JPG

見上げると、防火区画上部の二階床だけが丸い穴ですsad

 

IMG_6639.JPG

実はこれ、ドア横の動線上に床化粧板の角を出したくないと言うオーナー様の

リクエストにお応えしたものですsurprise

 

IMG_6640.JPG

引き戸のラインにキッチリと合わせてカットしており、特注のため

とてもキレイに納まりましたwink

 

IMG_6726.JPG

さて、薪ストーブ本体の搬入です。

更に、背面の壁に特注のヒートプロテクターパネルを取り付けます。

 

IMG_6732.JPG

ヒートプロテクターパネルを取付、煙突を接続して設置工事が完了です!

 

IMG_6733.JPG

当然ですが、パネルの上部には通気のための穴を開けていますwink

 

IMG_6731.JPG

画して、設計通りに美しく納まりましたyes(自画自賛)

 

薪ストーブ   投稿者 : mnonaka

2020.03.15 春の訪れ

福岡県八女市の古民家で、リフォーム工事に合わせて薪ストーブの設置を

行いました!

 

IMG_6018.JPG

現場は、静かな山村にあります。

雨仕舞は、トタンで保護した茅葺屋根とチムニーフラッシングの組み合わせですblush

 

IMG_6020.JPG

屋根勾配は11寸surprise

実に48°あり、見上げるともはや壁です!

 

IMG_4823.JPG

小屋裏に上がると、屋根の内部を見ることができます。

杉の丸太を梁に、竹を荒縄で固定している様子が良く分りますblush

更に、茅を葺き荒縄で編んでいます。

先人たちが知恵を絞り、地元で手に入る材料を組み合わせて建てた民家ですwink

煤けた古材に、歴史を感じます。

 

IMG_6557.JPG

さて内装工事も終盤、炉台に運び込まれたのは ノルウェー製 ヨツール社 F500です。

 

IMG_6559.JPG

ドアに格子の装飾が無いSEモデルで、ブルーブラックのエナメルカラーです。

最近は、格子があるレギュラーモデルと悩まれるお客様が多くいらっしゃいます。

そんな時は、どちらのモデルも展示がある弊社ショールームにお越しください!

 

IMG_6552.JPG

早くも桜が開花していました!

まだ、二分咲きと言ったところですが、山里に春が来たようですねlaugh

薪ストーブ   投稿者 : mnonaka

2020.02.29 癒しのロビー

福岡県福岡市の新築医院に薪ストーブを設置しました!

 

IMG_5801.JPG

現場は、この2月にオープンした透析専門のクリニックですblush

 

IMG_6050.JPG

そのロビーに薪ストーブを設置します。

本体は、デンマーク製 ライス社のトップモデル Q-20です!

とても背が高く、1.3メートルもあります。

いつもの台車に乗せると1.8メートルを超え、不安定なうえにトラックの

荷台にも入りませんsurprise

 

IMG_5827.JPG

そのために、超低床の台車を造ってみましたcool

 

IMG_6052.JPG

そして出来上がったのが、地上から床高さ80ミリの専用台車ですwink

 

IMG_6053.JPG

これで、安心してロビー玄関より搬入ができます。

 

IMG_6054.JPG

炉台は、一面に大谷石を貼った落ち着いた雰囲気です。

 

IMG_6058.JPG

室内煙突を接続し設置工事が完了です!

ル・コルビュジエのLC5(ひじ掛けが無いタイプ)に囲まれた、

癒しの空間ができあがりました!

透析を受ける患者様は、長い時間をクリニック内で過ごすことになります。

そんな時、少しでも心癒される雰囲気を提供できたらと言う院長先生のコンセプトが

あります(きっと)heart

薪ストーブに、そんなお手伝いができれば本望ですねyes

薪ストーブ   投稿者 : mnonaka

2020.02.23 海を渡って、

山口県下関市の既設住宅へ、工事に行ってきました!

 

IMG_5880.JPG

九州道を1時間ほど走り、関門橋を渡れば本州ですblush

 

line_339397...

現場は、築70年程の古民家です。

和室の押し入れを改築して、炉台を造作します。

 

IMG_5882.JPG

更に、屋根瓦を葺き替えるタイミングで煙突工事をおこないましたwink

小屋裏には防火区画を造作します。

 

IMG_5890.JPG

瓦用のフラッシングは、より信頼が高いモノに進化していますyes

 

IMG_5892.JPG

炉台も、遮熱壁が出来上がりました。

ここで薪ストーブの搬入です!

 

 

IMG_5895.JPG

但し、搬入経路が長いのですblush

一旦坂を下り・・・、

 

IMG_5461.JPG

玄関までのアプローチを上ると・・・、

 

IMG_5896.JPG

玄関が見えてきましたsurprise

 

IMG_5898.JPG

廊下を抜けた二間続きの和室の先にある・・・、

 

IMG_5899.JPG

黒御影で仕上げた炉台に着地ですyes

 

IMG_5903.JPG

そして火が入った薪ストーブは、ノルウェー製 ヨツール社 F500SEですwink

格子が無いドアのデザインは、炎が良く見えるので人気が高いモデルです!

薪ストーブ   投稿者 : mnonaka

2020.02.17 和の建築と薪ストーブ

福岡県久留米市の新築住宅で、二期工事を行いました!

 

DSCN5036.JPG

一期工事の様子ですblush

構造との干渉を避けるため、煙突を天井内でオフセットしています。

もちろん煙突は天井内に露出させることはなく、防火区画で覆います。

 

IMG_6245.JPG

それから数ヶ月が経ち、内装が仕上がりました!

見えるところは、石と土と木とガラスで構成されていますsurprise

 

IMG_6248.JPG

そこに金属が加わりますwink

 

IMG_6250.JPG

薪ストーブの搬入です!

 

IMG_6256.JPG

背面はガラスで床は石のため、特別な炉台はありません。

薪ストーブは、ベルギー製 ネスターマーティン社 C33です。

 

IMG_6259.JPG

室内煙突と接続して、設置工事が完了しました!

 

IMG_6266.JPG

非常に美しいむくり屋根の平屋建築ですlaugh

伝統的な建築様式に機能的なトップライト、その隣に煙突が頭を出しています。

薪ストーブ   投稿者 : mnonaka

2020.02.08 世界No,1のクリーン性能!

福岡県筑紫野市の新築住宅で、薪ストーブ工事を行いました!

 

IMG_5857.JPG

煙突のスタイルは、角トップですblush

 

IMG_5859.JPG

弊社角トップのルーバーには、防鳥アミを標準で装備していますyes

 

IMG_5860.JPG

スタイリッシュな角トップが完成しましたwink

 

IMG_5862.JPG

さて、薪ストーブの搬入ですが、タイミングが外構工事と合ってしまい

台車でオフロードを走行しますsurprise

 

IMG_5864.JPG

玄関から入り、廊下の先のリビングに到着です。

 

IMG_5867.JPG

設置した薪ストーブは、デンマーク製 ライス社 Q-TEE2C US です!

 

IMG_6031.JPG

後日、火入れを行いましたlaugh

世界の国や地域には、薪ストーブの排気煙量を定める厳しい基準があります。

残念ながら日本には存在しないため、ホームセンター等で売られる焼却炉に

近い薪ストーブの様なモノも、使用することができます。

(諸外国では、販売も使用も法律で禁止されています。)surprise

その様な中、薪ストーブ先進国の各メーカーでは、クリーン燃焼の開発に懸命に

取り組んでいます。

中でも、今回設置したモデルは、世界で最も厳しいアメリカ環境保護庁(EPA)

が定める基準をトップでクリアしている薪ストーブです。

 

IMG_6081.JPG

全体に丸みを帯びたモダンなスタイルもさる事ながら、取っ手などの細かい

デティールにメーカーの造形に対するこだわりを感じますwink

環境性能良し、スタイル良し、コストパフォーマンス良しと、三拍子そろった

薪ストーブですyes

 
薪ストーブ   投稿者 : mnonaka

2020.01.25 新年神事事始め

1月も後半ですが、新年おめでとうございます。

さて本日、大分県日田市で、年末に設置工事を行った現場の取り扱い説明を行いました!

 

IMG_5955.JPG

今回は古式にのっとり、オーナー様主催により火入れの神事がとり行われました。

お供え物が揃い、準備完了ですblush

 

IMG_5963.JPG

厳かな雰囲気のなか、神事は進みます。

そもそも火入れ式なるものは、日本独特なものと思います。

これは、古来からの火を敬う日本人の心を象徴したもので、

八百万の神を鎮め、災いを退け、家内安全を願うものです。

 

IMG_5967.JPG

画して、お祓いが無事に終了し火が入った薪ストーブは アンコールですlaugh

以下は、設置時のレポートです。

 

IMG_4427.JPG

一期工事が完了したのは、未だ夏の暑さ残る10月の上旬cool

 

IMG_5577.JPG

母屋と2階のバルコニーを避けるために、室内の煙突を3Dで曲げる設計ですsurprise

 

IMG_5579.JPG

曲がって下りてきました!

ブラケットが付くまでは、バカ棒に支えてもらいますyes

 

IMG_5592.JPG

見上げるとこんな感じですblush

 

IMG_5583.JPG

ここでアンコール本体の搬入です!

 

IMG_5589.JPG

煙突を接続して設置が完了しましたyes

実はこちらの住宅、10年程前に設置したお客様のご子息邸ですsurprise

ご実家には、アンコール エバーバーン(懐かしい)を設置しました。

立派な社会人となられたご子息は、お互いの煙突が見える距離に新居を

建築されました。

幼少より薪ストーブの火が当たり前の生活を、心に刻まれているのですwink

 

弊社も、法人化して早11年となりました。

親子二世代に渡り、お客様とお付き合いできることに感慨深いものを感じます。

本年も、どうぞ宜しくお願い致します。

薪ストーブ   投稿者 : mnonaka

2019.12.24 クリスマスプレゼント!

デンマーク製 RAIS 社のハイエンドモデルが入荷しました!

 

IMG_5508.JPG

その名も BIONICFIRE(バイオニックファイア)blush

上下に分かれた二つの火室が特徴で、一定の温度に達するとダンパーが自動で

閉じ、下の火室で二次燃焼が始まりますsurprise

また、燃焼をコントロールする空気レバー類は無く、着火後はドアを閉める

だけです!

ストーブが自動で最適な空気量を調整する「クレバーエアー」を採用しています。

*電気は使いません。

 

IMG_5510.JPG

手前から エポカ、その隣に バイオニックファイア、一番奥がQ-TEE2Cです。

RAIS社の展示が充実していますyes

因みに、バイオニックファイアのお値段は、定価¥860,000(税別)也surprise

クリスマスプレゼントにいかが!?・・・とは、いかないかindecision

薪ストーブ   投稿者 : mnonaka

2019.12.21 クリスマスに間に合いました!(その5)

福岡県直方市の既設住宅で、薪ストーブ工事を行いました!

 

IMG_4672.JPG

築35年の住宅ですblush

内装のリフォームに合わせて、新しく薪ストーブを行います。

リビングのコーナーに設置するのですが・・・、

 

IMG_4028.JPG

小屋裏に上ってみると、丁度その位置に火打ちがありますsurprise

 

IMG_5327.JPG

しかし、良くあることです。

先ずは、火打ちの付け替えから工事スタートですwink

 

IMG_5322.JPG

内装もきれいに仕上がっています!

 

IMG_5328.JPG

屋根に位置出しを行い、瓦を解体し野地を開口しますblush

 

IMG_5331.JPG

きれいな防火区画ができましたlaugh

 

IMG_5342.JPG

万が一の煙道内火災から、小屋裏への延焼を防ぎますyes

何よりも、法令で小屋蔵内に煙突が露出してはいけない決まりです!

薪ストーブ業者の選択は、当たり前なのですがこの辺りをきっちり工事できるかどうかが

ポイントです(自画自賛)cool

 

IMG_5346.JPG

画して、美しく外部の煙突が完成しました!

 

IMG_5352.JPG

さて今回は、弊社にて炉台造作工事も行いましたsurprise

 

IMG_5353.JPG

空気層を持った遮熱壁にはブリックタイル、床には磁器タイルをそれぞれ貼ると・・・、

 

IMG_5368.JPG

恰好良い炉台が完成ですwink

そして、ここに納まる薪ストーブは・・・、

 

IMG_5372.JPG

とても恰好良い レッドのアンコールですyes

アメリカ製 バーモントキャスティングス社の製品です。

こちらも、工事完了がクリスマスに間に合いました!

薪ストーブ   投稿者 : mnonaka

2019.12.18 クリスマスに間に合いました!(その4)

福岡県田川郡添田町の新築住宅で、薪ストーブの設置工事を行いました!

 

IMG_4358.JPG

工事終盤、薪ストーブ本体を玄関より搬入しますblush

 

IMG_4359.JPG

土間仕上げの炉台に到着!

薪ストーブは、ノルウェー製 ヨツール社 F305 Bで、

前回設置した、F305 LLの足元がボックスになっているタイプですwink

2015年、ノルウェー・デザイン協会のグッド・デザイン賞を受賞していますyes

 

IMG_4363.JPG

煙突は、二階の寝室を貫通して屋根から出しています。

その際の防火区画を利用して、暖気を寝室に上げる仕様にしましたlaugh

吹き抜けが無い構造でも、二階の暖房を可能にしますyes

 

IMG_4368.JPG

煙突を接続し、設置が完了しました!

 

IMG_4516.JPG

後日、火入れを行いました。

北欧の、ハイセンスなインテリアにすっかり溶け込んでいすますね。

この冬、新居で初めてのクリスマスを迎えられます。

クリスマスに間に合いました!

薪ストーブ   投稿者 : mnonaka