2019.12.24 クリスマスプレゼント!

デンマーク製 RAIS 社のハイエンドモデルが入荷しました!

 

IMG_5508.JPG

その名も BIONICFIRE(バイオニックファイア)blush

上下に分かれた二つの火室が特徴で、一定の温度に達するとダンパーが自動で

閉じ、下の火室で二次燃焼が始まりますsurprise

また、燃焼をコントロールする空気レバー類は無く、着火後はドアを閉める

だけです!

ストーブが自動で最適な空気量を調整する「クレバーエアー」を採用しています。

*電気は使いません。

 

IMG_5510.JPG

手前から エポカ、その隣に バイオニックファイア、一番奥がQ-TEE2Cです。

RAIS社の展示が充実していますyes

因みに、バイオニックファイアのお値段は、定価¥860,000(税別)也surprise

クリスマスプレゼントにいかが!?・・・とは、いかないかindecision

薪ストーブ   投稿者 : mnonaka

2019.12.21 クリスマスに間に合いました!(その5)

福岡県直方市の既設住宅で、薪ストーブ工事を行いました!

 

IMG_4672.JPG

築35年の住宅ですblush

内装のリフォームに合わせて、新しく薪ストーブを行います。

リビングのコーナーに設置するのですが・・・、

 

IMG_4028.JPG

小屋裏に上ってみると、丁度その位置に火打ちがありますsurprise

 

IMG_5327.JPG

しかし、良くあることです。

先ずは、火打ちの付け替えから工事スタートですwink

 

IMG_5322.JPG

内装もきれいに仕上がっています!

 

IMG_5328.JPG

屋根に位置出しを行い、瓦を解体し野地を開口しますblush

 

IMG_5331.JPG

きれいな防火区画ができましたlaugh

 

IMG_5342.JPG

万が一の煙道内火災から、小屋裏への延焼を防ぎますyes

何よりも、法令で小屋蔵内に煙突が露出してはいけない決まりです!

薪ストーブ業者の選択は、当たり前なのですがこの辺りをきっちり工事できるかどうかが

ポイントです(自画自賛)cool

 

IMG_5346.JPG

画して、美しく外部の煙突が完成しました!

 

IMG_5352.JPG

さて今回は、弊社にて炉台造作工事も行いましたsurprise

 

IMG_5353.JPG

空気層を持った遮熱壁にはブリックタイル、床には磁器タイルをそれぞれ貼ると・・・、

 

IMG_5368.JPG

恰好良い炉台が完成ですwink

そして、ここに納まる薪ストーブは・・・、

 

IMG_5372.JPG

とても恰好良い レッドのアンコールですyes

アメリカ製 バーモントキャスティングス社の製品です。

こちらも、工事完了がクリスマスに間に合いました!

薪ストーブ   投稿者 : mnonaka

2019.12.18 クリスマスに間に合いました!(その4)

福岡県田川郡添田町の新築住宅で、薪ストーブの設置工事を行いました!

 

IMG_4358.JPG

工事終盤、薪ストーブ本体を玄関より搬入しますblush

 

IMG_4359.JPG

土間仕上げの炉台に到着!

薪ストーブは、ノルウェー製 ヨツール社 F305 Bで、

前回設置した、F305 LLの足元がボックスになっているタイプですwink

2015年、ノルウェー・デザイン協会のグッド・デザイン賞を受賞していますyes

 

IMG_4363.JPG

煙突は、二階の寝室を貫通して屋根から出しています。

その際の防火区画を利用して、暖気を寝室に上げる仕様にしましたlaugh

吹き抜けが無い構造でも、二階の暖房を可能にしますyes

 

IMG_4368.JPG

煙突を接続し、設置が完了しました!

 

IMG_4516.JPG

後日、火入れを行いました。

北欧の、ハイセンスなインテリアにすっかり溶け込んでいすますね。

この冬、新居で初めてのクリスマスを迎えられます。

クリスマスに間に合いました!

薪ストーブ   投稿者 : mnonaka

2019.12.15 クリスマスに間に合いました!(その3)

福岡県飯塚市の既設住宅で薪ストーブ工事を行いました!

 

IMG_3374.JPG

今回の現場は、築40年経った住宅を、間取りや設備を今の時代に合ったプランに

改装する工事を行っています!

そのために一度、屋根・壁・床の全てを解体します(もちろん工務店さん)surprise

残ったのは、柱と梁のみ!

 

IMG_3785.JPG

さて、薪ストーブ屋の作業はここからです。

ある暑い夏の日、新しい屋根ができたタイミングで、板金屋さんとの相番作業により

煙突を取り付けますwink

 

IMG_3787.JPG

柱や梁は、古材を生かし、新材を追加して強度を確保していますblush

新しい火打ちは、防火区画内に露出するため、鋼製火打ちになっています。

 

IMG_4471.JPG

そして秋になり、いよいよ薪ストーブ本体の取り付けです!

道路から階段を2m近く上がるので、今回も分解していますindecision

ハンドルの形状が特徴的なこの薪ストーブは・・・、

 

IMG_4478.JPG

ノルウェー製 ヨツール社 F305 LLです。

先日、長崎の現場に納めたF105の兄貴分ですねwink

デザインはそのままに、大型化されたモデルです。

玄関を入った続きの土間に設置しました。

ちなみにこちらの住宅、エアコンは無いそうですenlightened

 

IMG_5168.JPG

もともとは天井内に隠れていた梁ですが、荒く仕上げた風合いが、吹き抜けの

良いアクセントになっていますyes

 

IMG_5156.JPG

そして初冬、火入れ&取り扱い説明を致しました!

初めての火入れの瞬間は親子でcheeky

 

IMG_5169.JPG

後日、お電話でお聞きしたのですが、薪ストーブを通して家族のつながりが

より深くなったそうです。

息子さんは、自分の役割を見出した様で、率先して着火を行い火の調子を見て

くれるそうです!

導入を決めた当時は、週末だけの使用かなと考えていたそうですが、子供達が

学校から帰ると、直ぐに薪ストーブに火を入れてくれるとのこと。

頼もしいですねyes

 

IMG_5167.JPG

南側に大きく開いた窓と薪ストーブで、冬はとても暖かいことでしょうheart

クリスマスに間に合いました!

サンタさんもきっと来るよwink

薪ストーブ   投稿者 : mnonaka

2019.12.14 クリスマスに間に合いました!(その2)

福岡県福岡市の既設住宅で、薪ストーブと煙突の交換工事を行いました!

 

IMG_5009.JPG

築25年の輸入住宅です。

作り付けで、当時より設置されていた薪ストーブですblush

この度、薪ストーブの老朽化と・・・、

 

IMG_5017.JPG

台風19号の影響を受け、煙突上部が破損したので、全てを取り換える

ことになりましたwink

 

IMG_5019.JPG

さあ、解体開始です!

 

IMG_5022.JPG

煙突囲いはアルミ製スパンドレルの外装に、防水シートと野地で構成されています。

 

IMG_5025.JPG

煙突囲いの内部は、そのまま煙突になっており、ケイカル板(1枚!)のジョイント部は

下地があちこち焦げていますsurprise

煙突掃除は不可能な構造のため、煤は全て天井裏の化粧板に溜まっていました!

信じられないし、ありえない煙突ですno

 

IMG_5032.JPG

もはや、このまま使用を続けることは非常に危険ですcrying

よって今回は、煙突囲いの下部を利用して、内部に断熱二重煙突を設置します。

 

IMG_5209.JPG

画して、漏水や火災の心配が全く無い、チムニータイプの外部煙突が完成しましたyes

 

IMG_5036.JPG

さて、次は薪ストーブ本体と室内煙突の解体です。

 

IMG_5034.JPG

取り外した煙突は、普通の鉄パイプでしたno

 

IMG_5045.JPG

本体は、台車に乗せて搬出です。

 

IMG_5214.JPG

室内煙突の取り換えが完了し、

 

IMG_5211.JPG

代わりに搬入される薪ストーブはこちら。

 

IMG_5219.JPG

三面ガラスの大型薪ストーブ ノルウェー製 ヨツール社の F520 ですcheeky

 

IMG_5229.JPG

ダイナミックな炎をパノラマビューで感じることができる様子は

まるでキャンプファイヤーですwink

クリスマスに間に合いました!

薪ストーブ   投稿者 : mnonaka

2019.12.07 クリスマスに間に合いました!(その1)

長崎県長崎市の新築住宅で二期工事を行いました!

 

IMG_4853.JPG

ここは長崎港町、女神大橋を通過する護衛艦「きりさめ」に遭遇しましたblush

 

IMG_4834.JPG

さて、今回の設置場所は2階ですsurprise

室内も仕上がっており、階段から安全に搬入するために分解しましたyes

 

IMG_4841.JPG

元通りに組み立てていきますblush

 

IMG_4843.JPG

炉台に設置して・・・、

 

IMG_4845.JPG

煙突を接続すれば完成ですwink

薪ストーブは ノルウェー製 ヨツール社 F105です。

ノルウェーデザイン協会から高い評価を受けているモデルです。

 

IMG_5190.JPG

そして後日、ご家族がお揃いのタイミングで火入れを行いました!

クリスマスに間に合いましたねlaugh

お家には煙突があるから、サンタさんがきっと来ますよcheeky

 

IMG_5197.JPG

やったーッ!heart

 
薪ストーブ   投稿者 : mnonaka

2019.11.22 癒しの空間

*休業日のお知らせ*

11月23日(土)・24日(日)は誠に勝手ながら休業とさせて頂きます。

ご迷惑をお掛け致しますが、どうぞ宜しくお願い致します。

 

 

福岡県福岡市で建築中の建物で、一期工事を行いました。

 

IMG_4606.JPG

都市高速環状線が見える屋根の上で、仮固定した煙突の鉛直を確認しますblush

 

IMG_4610.JPG

チムニーフラッシングが壁と取り合うやや特殊な納まりです。

ストームカーラーや丸トップを取り付けて、外部の雨仕舞が完了ですwink

 

IMG_4619.JPG

こちらの90°エルボー煙突は非常に高価な部材ですが、点検口が付いた大変優れたものです。

 

IMG_4618.JPG

もちろん断熱二重煙突なので、点検口のアウター部を開けると断熱材が・・・、

 

IMG_4617.JPG

その奥にはインナーの点検口があります。

 

IMG_4616.JPG

ここから90°の二方向にブラシを通すことができるのです。

参考までに定価は1ヶ¥120,000ですsurprise

 

IMG_4621.JPG

建築の構造上、アクセスポイントが限定されるため、メンテナンスには必要な部材ですyes

 

IMG_4626.JPG

薪ストーブが設置されるのは、1階のロビーになります。

この建物は来春オープン予定のクリニックで、そのロビーは来院される

方々をお迎えする癒しの空間にすることがコンセプトです。

さて、どんな炎を見ることができるのでしょうか? 楽しみですねlaugh

薪ストーブ   投稿者 : mnonaka

2019.11.03 過走行!?

繁忙期を迎え、9・10月の2ヶ月間でトラック走行距離が5,000km軽く超えましたsurprise

時間が無く、なかなかブログを更新できませんcrying

 

IMG_4484.JPG

トラックの後輪は、間もなくスリップラインが出てきます!

 

IMG_4459.JPG

運搬用の台車は、またもやバーストしました(笑)!

こちらも過走行+高加重です。

 

 

さて、長崎県長崎市の新築住宅で、一期工事を行いました!

IMG_4009.jpg

現場は、野母半島に通じる国道沿いです。

作業中雨に降られましたが、すぐに回復。

 

IMG_3989.jpg

作業を終え、お昼過ぎには晴れ間が出てきましたcool

市内中心部にトラックを止め、昼食のため徒歩で移動します。

活水女学園のオランダ坂に立ち寄り・・・、

 

IMG_3991.jpg

向かったのは、新地中華街にある江山楼。

 

IMG_3992.jpg

長崎名物「パリパリ麺の皿うどん」美味い!

 

IMG_3993.jpg

回鍋肉も抜群の美味さyes

夕方には福岡に戻り、翌日の現場のための資材を積み込まなくては!

 

 

 
薪ストーブ   投稿者 : mnonaka

2019.09.28 ビルトイン暖炉

大分県由布市の新築別荘で薪ストーブの設置工事を行いました。

 

DSCN5002.JPG

一期工事は6月の後半に行いました。

由布岳を望むとても良い立地ですlaugh

 

IMG_3869.JPG

それから3ヶ月程が経ち、工事も終盤を迎えています。

 

IMG_3871.JPG

今回設置するのは、ビルトインタイプの薪ストーブです。

ブロックでできた小部屋に薪ストーブ本体を組み込みますblush

 

IMG_3872.JPG

搬入のために分解していたものを組み立てます。

薪ストーブは、デンマーク製 モルソー社 5660CBです。

ビルトインタイプでは、弊社で一番設置数が多いモデルです。

 

IMG_3873.JPG

右奥にあるコンベクションカバーをを外した状態ですが、メカニカルな存在感が

とても恰好良いですね~ッ!

 

IMG_3875.JPG

定位置まで本体を押し込み固定、煙突を接続します。

バーミキュライト製のインナーパーツを組み込み・・・、

 

IMG_3888.JPG

設置工事が完了ですwink

本体の上下には、通気用のコンベクショングリル(弊社特注)を埋め込んでいます。

ビルトイン暖炉にとっては、室内の空気を自然対流させるための重要な仕組みです。

 

IMG_3887.JPG

中から覗くとこんな感じですcool

なお、工事完了後は封鎖されて入ることはできませんyes

 
薪ストーブ   投稿者 : mnonaka

2019.09.22 本日営業中!

北部九州に台風17号が接近しています。

不要不急の外出は避けて下さい。

 

WM_TY-T1917...

                                      出典:ヤフー天気

それでもファイヤーワールド福岡に御用の方は、万全の対策の元お越しください。

本日は営業しております!

 

IMG_3915.JPG

さて、山口県山陽小野田市の既設住宅で薪ストーブ全工事を行いました!

先ずは、屋根瓦の解体です。

棟に近いので、解体が難航しそうですblush

 

IMG_3920.JPG

最所の一枚が取れないので、やむなく立派な棟を解体しますsurprise

 

IMG_3925.JPG

大工事になってきましたindecision

 

IMG_3909.JPG

その間に薪ストーブ本体の搬入です。

ゴルフ場のグリーン並みに整備されたお庭を通りますlaugh

 

IMG_3911.JPG

リビングに到着した薪ストーブは、デンマーク製 モルソー社 7140CBです。

対流式の薪ストーブですね!

後ろに見える炉台はオナー様造作のもので、遮熱壁には三州瓦をなんと縦に組んでいますwink

 

IMG_3931.JPG

人が立てるほどの高さがある小屋裏に、防火区画が完成しましたyes

小屋裏に煙突を露出させてはいけないことになっています。

 

IMG_3935.JPG

設置が完了しました!

このあと取り扱い説明を行い、今年最初の火入れとなりましたwink

 

IMG_3942.JPG

棟瓦も復旧し、本日の工事は完了ですyes

 

 
薪ストーブ   投稿者 : mnonaka