薪ストーブ

2020.11.21 超ヘビーユーザー現る!

長崎県佐世保市の既設住宅で、薪ストーブ工事を行いました!

 

IMG_1707.JPG

こちらはちょうど二年前、二階のリビングに設置したmorso 7443CBですlaugh

設置以来オーナー様は、薪ストーブの暖かさがあまりにも心地良く、寝室にも欲しくなったとのこと!

と、言う理由でこの度、寝室に移設することになりましたsurprise

 

IMG_1709.JPG

三面ガラス窓の7443です。

比較的軽量(110kg)なので、キャリーカートに載せて搬出ですblush

 

IMG_1714.JPG

新しく設置する寝室には、当然ながら新しく天井内防火区画の造作を行います。

 

縮小.jpg

防火区画が完成し、煙突を取付け瓦を復旧します。

奥に見える煙突は、二年前に設置したリビングの煙突です。

画して、一つの屋根に煙突が二本出ると言う、とても珍しいことが起きましたyes

 

IMG_1733.JPG

寝室に、煙突が下りてきました。

リビングとレイアウトが似ていますが、絵が違うのでお分かり頂けると思いますblush

それにしてもセンスが良い版画です!

 

IMG_1741.JPG

morso 7443CBの移設と煙突の新設が完了しました!

しかし、これで終わりではありませんindecision

なんと、リビングには新しい薪ストーブが設置されるのですsurprise

 

IMG_1724.JPG

搬入する薪ストーブです。

運搬のためにかなり分解して軽量化を図っていますblush

 

IMG_1725.JPG

玄関から入り、階段を上り・・・、

 

IMG_1726.JPG

数々の部品と一緒に搬入が終わりました。

 

IMG_1737.JPG

組み立てが完成したのは、デンマーク製 ヒタ社 ノルンオーブンソープストーンモデルですwink

本格的なオーブン料理が楽しめる薪ストーブです!

暖房としての出力も十分にあり、数あるオーブン付き薪ストーブの中では大変バランス

(機能・デザイン・価格)が良いモデルです。

何よりも二台の薪ストーブを使いこなすべく、ヘビーユーザーが選んだモデルです。

道具としての実用性が高い薪ストーブと言えるのではないでしょうかyes

薪ストーブ   投稿者 : mnonaka

2020.11.07 今日は立冬!

今日は立冬です。

 

IMG_1539.jpg

やや暖かい朝を迎えましたが、福岡県那珂川市で火入れを行いました!

屋根に上るためのタラップが有る、あのお宅ですwink

 

IMG_1537.JPG

火が入った薪ストーブは、デンマーク製 ヒタ社の インスパイア45Hですlaugh

小型の使い易い薪ストーブです。

 

IMG_1484.JPG

こちらは先週ですが、福岡県筑紫野市のお宅です。

 

IMG_1483.JPG

この日火が入ったのは、こちらもヒタ社 ノルン オーブン ソープストーンモデルですlaugh

オーブン料理が気軽に楽しめるヒタ社のフラッグシップです!

 

IMG_0220.JPG

そしてこちら福岡県飯塚市でも火入れを行いました。

 

IMG_1230.JPG

ノルウェー製 ヨツール社 F400です。

ドアに格子があるタイプで、クラッシックデザインでは一番人気の薪ストーブです!

 

この時期は、今年設置した薪ストーブに続々火入れに伺っていますyes

薪ストーブ   投稿者 : mnonaka

2020.11.03 煙突の町

佐賀県有田町の既設建築に薪ストーブを設置しました!

 

IMG_1368.jpg

ここは日本有数の焼き物の町、古くからの窯元が沢山並びます。

町内を見渡すと、レンガ造りの煙突が至る所に見えますblush

今回は、そんな焼き物を作る作業場でもある工房に薪ストーブを設置しましたwink

 

IMG_1369.jpg

粘土と水を使う作業場は、冬になると底冷えがする昔ながらの建築です。

そのため、スレート屋根にガルバニウム鋼板の屋根を被せ、少しでも寒さ対策を施しています。

しかし、それが煙突の雨仕舞にとっては、なかなか厄介な作業が必要となりますsurprise

 

IMG_1378.jpg

つまりは、ガルバニウム屋根のハゼに合わせて、現場加工の雨仕舞金物を作製するのですblush

 

IMG_1385.jpg

そこに、予め加工していたステンレスのフラッシングを組み合わせて、外部の煙突が設置完了です!

新旧煙突が立ち並びましたcheeky

 

IMG_1383.jpg

薪ストーブの搬入です。

ノルウェー製 ヨツール社のF500ですlaugh

 

IMG_1391.jpg

室内煙突を接続し、設置が完了しました!

ドアに格子が無いSE(スペシャルエディション)ですyes

 

IMG_1393.jpg

今回は、輻射式の特徴を生かして、作業部屋の中心に設置しました。

これにより、全方位に輻射熱が放射され、作業中はどこにいても暖かさを感じることが

できる「理想的な環境が実現した!」と、大満足の評価を頂きましたyes

 

 

 

薪ストーブ   投稿者 : mnonaka

2020.10.18 薪ストーブと煙突の取り換え工事

佐賀県鳥栖市の住宅で、薪ストーブと煙突の取り換え工事を行いました!

 

IMG_1121.JPG

設置して25年が経過した外部煙突ですblush

雨仕舞に問題が発生した様で、数年前から室内に漏水しています。

 

IMG_1124.JPG

瓦を解体してみると、桟木が腐っていますsurprise

瓦も屋根に乗っているだけの状態です。

 

IMG_1134.jpg

その原因は、フラッシングの処理にありました。

フラッシングの水下が瓦の下にあるので、煙突と瓦の間から流れてきた雨水は全て

瓦の下を流れる納まりです。

その結果、桟木は腐り、ルーフィングに穴があればそそこから漏水しますcrying

 

IMG_1135.jpg

フラッシングを外してみると、防火区画がありません!?

断熱二重煙突を使っていたのが幸いです。

 

IMG_1148.jpg

防火区画を造作し、煙突を全て新しいものと取り換えます!

 

IMG_1132.jpg

腐った桟木を、新しいものに取り換えます。

 

IMG_1157.JPG

勿論、フラッシングも新しくしましたwink

 

IMG_1158.JPG

もともと無かった雨樋を新規に取付て、二階の屋根からフラッシングに直接雨水が

落ちて来るのを防ぎます。

外部煙突が完成しました!

 

IMG_1129.JPG

さて、室内です。

不思議な煙突レイアウトで、煙突掃除が極めて困難そうですblush

 

IMG_1137.JPG

ガラスが割れ、だいぶくたびれた様子の薪ストーブは、アンデルセンの

古いモデルです。

25年間お疲れ様でした!

 

IMG_1146.JPG

変わって新しく設置される薪ストーブは、ノルウェー製 ヨツール社の F500SEのブルーブラック

エナメル色です。

 

IMG_1164.JPG

夕刻には火が入り、全ての取り換え工事が完了しましたyes

薪ストーブに火が入ると、炎にじっと見とれてしまいます。

家族が集まります。

なによりも暖かいですwink

薪ストーブ   投稿者 : mnonaka

2020.10.01 メンテナンスは大丈夫!?

秋も深まり、間もなく薪ストーブシーズンが到来しますcheeky

しかしその前に、メンテンスはできていますか?

薪ストーブ本来のパフォーマンスを維持すること、と煙道内火災の防止のために

シーズン前のメンテナンスは必須です!

 

IMG_0840.jpg

こちらは7年前、福岡県北九州市の住宅に設置したF400です。

毎年メンテナンスのご依頼を頂いているのですが、毎回こんな状態になりますblush

 

IMG_0841.jpg

塗装は剥げ、錆も深く浸透いています・・・。

 

IMG_0842.jpg

ガラスも・・・、

 

IMG_0843.jpg

アッシュリップも・・・。

 

IMG_0845.jpg

さて、なかなか手ごわそうですが錆落としから始めます。

ガリガリ行きます!

 

 

IMG_0844.jpg

こちらもかなりヒドイ状態crying

 

IMG_0847.JPG

灰や煤で曇ってしまい、透明感ゼロのガラスもクリナーで磨きます。

 

IMG_0855.jpg

ドアを塗装し、ガラスを取付ます。

ファイバーロープは去年取り換えたので、まだまだ使用できます。

 

IMG_0853.jpg

全体を塗装して組み立てたら完成ですwink

(しかし来年の今頃には、錆だらけになってるんだろうなぁ・・・。)

薪ストーブ本体がこの様な状態ですので、煙突のコンディションも言わずもがなです。

しっかりブラシを通して、メンテナンスが完了です。

尚、今回のメンテナンスで交換した部品はありません。

1年でここまで酷使するヘビーユーザー様は珍しいのですが、F400はメンテナンス性が良く

部品も豊富なので、安心してお使い頂けるのが私としては嬉しい限りですyes

 

メンテナンスはユーザー様ご自身でもできますが、メーカーや機種によっては構造が複雑で

専用の工具が必要なモデルもあります。

また、好きが高じて必要が無い部位まで分解して、救援を求められる場合があります。

分解する過程で部品それぞれのコンディションを判断しているので、無理に進めず最初から

お任せ頂けると確実です。

煙道内火災を防止し、薪ストーブ本来の性能を維持することがメンテナンスの目的です。

ご自身でも、プロに依頼しても構いませんので、シーズン前のメンテナンスは「必ず実行」を

お願い致します。

薪ストーブ   投稿者 : mnonaka

2020.09.12 なんとなく秋の気配

福岡県久留米市の新築住宅で、薪ストーブの全工事を行いました!

 

IMG_0643.JPG

今回は、煙突を壁出から出すプランです。

予め、壁の中に仕込んでおいたメガネ石を発掘しますblush

 

IMG_0648.JPG

ブラケットもまた、予め壁に固定していたので作業がスムースwink

補強下地の位置や施工のタイミングを、建築会社と事前に十分な打ち合わせすることが

ポイントです!

 

IMG_0665.JPG

短い軒を避け、外部煙突の完成ですyes

この日は熱中症対策として、外壁東面の直射日光を避けて13時からの工事開始となりました。

現在16時半、でも8割方進んだ感じです。

 

 

IMG_0660.JPG

さて、室内側ですblush

 

IMG_0661.JPG

薪ストーブを搬入して・・・、

 

IMG_0667.JPG

現在18時、玄関土間に設置して工事が完了ですyes

薪ストーブは、ご存じヨツール社のベストセラー F400SEです。

ドアに格子が無いデザインは、炎をじっくり堪能できますねwink 

薪ストーブ   投稿者 : mnonaka

2020.08.25 薪作り体験会中止のお知らせ

毎年5月に開催していました薪作り体験会ですが、新型コロナウィルスの拡散防止のため

9月に延期を予定しておりました。

しかしながら、現在におきましても終息の兆しが見えないために、今年度の薪作り体験会は

中止と致しました。

楽しみにされていたユーザー様も多いかと思いますが、何卒ご理解の程をお願い致します。

来年以降に、皆様が元気で参加して頂けますことを願うばかりです。

 

IMG_9559.JPG

2018年の集合写真

 

 

薪ストーブ   投稿者 : mnonaka

2020.08.20 真夏の設置工事

福岡県筑紫野市の新築住宅で、、薪ストーブの二期工事を行いました!

 

IMG_0615.JPG

この日訪れた現場は、炉台が出来上がり外気導入用のダクトも立ち上がっていますyes

 

IMG_0616.JPG

天井も仕上がり、一期工事で取り付けていた煙突が防火区画の中に見えます。

 

IMG_0617.JPG

今回の薪ストーブは、サイドと天板にソープストーンを装着したモデルです。

運搬と組み立てには細心の注意が必要です!

 

IMG_0620.JPG

トラックの荷台と1FLのレベルがピッタリなので、ここから搬入するとして・・、

サッシの間口に合わせて道板用のべニアの幅を詰めたのですが、なかなか反っていますsurprise

 

IMG_0621.JPG

無事に搬入でき、一旦仮置きです。

上部にオーブンが付いた、フリースタンディングタイプの薪ストーブですねlaugh

 

IMG_0623.JPG

引き続きソープストーンを組み立てて行くのですが、テンションが効いた爪で石を引き寄せる

構造です。

石材の重量は、サイドが1枚35kg、天板が30kgで、合計100kgとなります。

この質量の石材が蓄熱と放熱を行うので、持続タイプの暖房効果が期待できます!

 

IMG_0628.JPG

完成した薪ストーブは、デンマーク製 ヒタ社 ノルンオーブン ソープストーンモデルです。

機種の選定にあたり、料理好きな奥様とお嬢様のリクエストで採用となりました。

薪ストーブに火が入ったら、存分にオーブン料理をお楽しみください!

薪ストーブ   投稿者 : mnonaka

2020.08.17 離島へ!

長崎県対馬市の既設住宅で、薪ストーブの全工事を行いました!

 

IMG_0449.JPG

「国境の島」対馬には、博多港からフェリーが就航しています。

出港は深夜の0:05indecision

厳原港に到着するのは4:45surprise

なかなかの早起き(寝不足)です。

 

IMG_0469.JPG

したがって、早朝に地元の大工さんと合流し、早々に屋根工事が完了致しました!

 

IMG_0461.JPG

順調に薪ストーブ本体の搬入です。

 

IMG_0468.JPG

設置する場所は、リビングの中央ですblush

 

 

IMG_0498.JPG

煙突を接続して、設置完了ですwink

薪ストーブ本体は、デンマーク製 モルソー社 S50-40CBで、

スチールフロアプレートを敷くシンプルな炉台です。

 

IMG_0478.JPG

煙突は背面から出す仕様です。

真夏の設置となったので、火入れはしばらくお預けですねcool

薪ストーブ   投稿者 : mnonaka

2020.07.24 工事は進む!

福岡県飯塚市の新築住宅で、薪ストーブ工事を行いました!

 

IMG_6619.JPG

3月上旬の吉日、棟上げの直後に煙突の一期工事を行いましたwink

この頃、新型コロナウィルスの感染者数はそれ程は多く無く、その後に新しい生活様式や

世界経済の大きな変化が訪れるとは思いもよりませんでしたfrown

 

IMG_0220.JPG

それでも工事は進めなければならないので、各業種の職人は集まり現場は進みます!

幸い、住宅の建築現場は密になるシーンも極めて少なく、感染のリスクはかなり低いと言えます。

それでも現場の換気をしながら、マスクをできる限り着用しての作業となりました。

画して、立派な建築が竣工を迎えましたyes

 

IMG_0209.JPG

特徴ある小屋組みの吹き抜け空間に、断熱二重煙突が存在感をアピールしますblush

 

IMG_0203.JPG

雨が降り出さない内に、薪ストーブの搬入です!

 

IMG_0213.JPG

リビングに到着した薪ストーブは、抜群の安定感を誇るヨツール社 F400ですlaugh

価格良し! 使い勝手良し! メンテナンス性良し! の優等生ですwink

 

IMG_0218.JPG

真夏の設置となったため、秋の終わり頃まで火入れはお預けです。

その頃には、新型コロナウィルスの終息を願うばかりです。

終息後の新しい生活様式は、各自が模索して行くことになるかも知れません。

例え自宅で過ごす時間が長くなろうとも、薪ストーブライフは格別な楽しみが

あります。

それは決して冬だけではなく、薪作りを含めて一年中が薪ストーブライフ

なのです!

家族を包む癒しの暖かさ、薪作りで運動不足の解消、暖房に化石燃料を使わない

カーボンニュートラル等、薪ストーブライフには新しい生活様式のヒントが沢山

ありそうですwink

薪ストーブ   投稿者 : mnonaka