薪ストーブ

2019.11.03 過走行!?

繁忙期を迎え、9・10月の2ヶ月間でトラック走行距離が5,000km軽く超えましたsurprise

時間が無く、なかなかブログを更新できませんcrying

 

IMG_4484.JPG

トラックの後輪は、間もなくスリップラインが出てきます!

 

IMG_4459.JPG

運搬用の台車は、またもやバーストしました(笑)!

こちらも過走行+高加重です。

 

 

さて、長崎県長崎市の新築住宅で、一期工事を行いました!

IMG_4009.jpg

現場は、野母半島に通じる国道沿いです。

作業中雨に降られましたが、すぐに回復。

 

IMG_3989.jpg

作業を終え、お昼過ぎには晴れ間が出てきましたcool

市内中心部にトラックを止め、昼食のため徒歩で移動します。

活水女学園のオランダ坂に立ち寄り・・・、

 

IMG_3991.jpg

向かったのは、新地中華街にある江山楼。

 

IMG_3992.jpg

長崎名物「パリパリ麺の皿うどん」美味い!

 

IMG_3993.jpg

回鍋肉も抜群の美味さyes

夕方には福岡に戻り、翌日の現場のための資材を積み込まなくては!

 

 

 
薪ストーブ   投稿者 : mnonaka

2019.09.28 ビルトイン暖炉

大分県由布市の新築別荘で薪ストーブの設置工事を行いました。

 

DSCN5002.JPG

一期工事は6月の後半に行いました。

由布岳を望むとても良い立地ですlaugh

 

IMG_3869.JPG

それから3ヶ月程が経ち、工事も終盤を迎えています。

 

IMG_3871.JPG

今回設置するのは、ビルトインタイプの薪ストーブです。

ブロックでできた小部屋に薪ストーブ本体を組み込みますblush

 

IMG_3872.JPG

搬入のために分解していたものを組み立てます。

薪ストーブは、デンマーク製 モルソー社 5660CBです。

ビルトインタイプでは、弊社で一番設置数が多いモデルです。

 

IMG_3873.JPG

右奥にあるコンベクションカバーをを外した状態ですが、メカニカルな存在感が

とても恰好良いですね~ッ!

 

IMG_3875.JPG

定位置まで本体を押し込み固定、煙突を接続します。

バーミキュライト製のインナーパーツを組み込み・・・、

 

IMG_3888.JPG

設置工事が完了ですwink

本体の上下には、通気用のコンベクショングリル(弊社特注)を埋め込んでいます。

ビルトイン暖炉にとっては、室内の空気を自然対流させるための重要な仕組みです。

 

IMG_3887.JPG

中から覗くとこんな感じですcool

なお、工事完了後は封鎖されて入ることはできませんyes

 
薪ストーブ   投稿者 : mnonaka

2019.09.22 本日営業中!

北部九州に台風17号が接近しています。

不要不急の外出は避けて下さい。

 

WM_TY-T1917...

                                      出典:ヤフー天気

それでもファイヤーワールド福岡に御用の方は、万全の対策の元お越しください。

本日は営業しております!

 

IMG_3915.JPG

さて、山口県山陽小野田市の既設住宅で薪ストーブ全工事を行いました!

先ずは、屋根瓦の解体です。

棟に近いので、解体が難航しそうですblush

 

IMG_3920.JPG

最所の一枚が取れないので、やむなく立派な棟を解体しますsurprise

 

IMG_3925.JPG

大工事になってきましたindecision

 

IMG_3909.JPG

その間に薪ストーブ本体の搬入です。

ゴルフ場のグリーン並みに整備されたお庭を通りますlaugh

 

IMG_3911.JPG

リビングに到着した薪ストーブは、デンマーク製 モルソー社 7140CBです。

対流式の薪ストーブですね!

後ろに見える炉台はオナー様造作のもので、遮熱壁には三州瓦をなんと縦に組んでいますwink

 

IMG_3931.JPG

人が立てるほどの高さがある小屋裏に、防火区画が完成しましたyes

小屋裏に煙突を露出させてはいけないことになっています。

 

IMG_3935.JPG

設置が完了しました!

このあと取り扱い説明を行い、今年最初の火入れとなりましたwink

 

IMG_3942.JPG

棟瓦も復旧し、本日の工事は完了ですyes

 

 
薪ストーブ   投稿者 : mnonaka

2019.08.31 離島へ

長崎県壱岐市の既設住宅で、全工事を行いました!

 

IMG_3556.JPG

壱岐へは、夜の博多港から出港ですblush

 

IMG_3565.JPG

平日の最終便ということもあり、車両も客室もガラガラです。

郷ノ浦港まで約二時間半の船旅です。

 

IMG_3569.JPG

翌朝、地元の大工さんと合流して作業開始ですwink

 

IMG_3582.JPG

瓦を復旧して、外部の雨仕舞工事が完了です!

さて、敷地内に広がる緑は、一面がオリーブの木ですsurprise

オーナー様はオリーブを栽培して、オリーブオイルや化粧品を特産として生産していますlaugh

 

IMG_3578.JPG

薪ストーブは、バーモントキャスティングス社 アスペンです。

同社で一番小さなモデルですが、二次燃焼システムをしっかり装備しています。

 

IMG_3583.JPG

帰りは芦辺港からの乗船です。

その途中で、ちょっと寄り道して昼食です。

信楽焼の狸を模したドラえもん(漁具で手作り)が、シュールにお出迎えしてくれます。

 

IMG_3584.JPG

名物「ウニめし」yes

写真は、はらほげ定食 ¥1,750也

ウニめしとサザエの壺焼き、鯛・イカの刺身、アオサの吸い物、ヒジキ等の小鉢が

付いています。

海女のウニ漁が盛んだった地域だそうです。

 

IMG_3589.JPG

芦辺港に到着。

これより博多港に帰港します!

薪ストーブ   投稿者 : mnonaka

2019.08.10 真夏でも設置工事

福岡県久留米市の新築住宅で、一期工事を行いました。

 

DSCN5076.JPG

煙突のタイプはチムニーフラッシングタイプになりますblush

 

DSCN5079.JPG

この日、天気予報では37℃の高温注意報が出ていましたsurprise

黒い部材は、表面温度が76℃まで上昇!

熱中症に加え、火傷に注意ですcool

 

 

DSCN5085.JPG

約一時間で屋根上の作業が完了。

黒いガルバニウム屋根と煙突の意匠が良く合っていますyes

 

DSCN5089.JPG

室内では、炉台を含め仕上げ工事が佳境を迎えていますsurprise

8月末には二期工事です!

 

さて、次の現場です。

午前中のうちに九州道を移動して、福岡市に戻って来ました。

 

IMG_3386.JPG

竣工を明日に控えた新築の現場です。

薪ストーブは1階の土間エリアに設置します。

 

IMG_3393.JPG

先ずは、煙突を2階の天井から吊り下げてきます。

 

IMG_3404.JPG

2階はLDKになっていて、素敵なキッチンの前を煙突が通貨しますsurprise

 

IMG_3398.JPG

煙突が1階の土間エリアまで下りてきました。

 

IMG_3406.JPG

1階の暖気を2階に上げる弊社オリジナルのシースルー化粧板です。

吹き抜けが無い建築構造でも、効果的に2階の暖房が可能ですwink

 

IMG_3388.JPG

いよいよ薪ストーブの搬入です!

本体は、デンマーク製 RAIS社 Q-TEE2C laugh

 

IMG_3405.JPG

煙突を接続して、設置工事が完了です!

涼しくなって虫の声が聞える頃、火入れに伺いますwink

 

さて、夏季休暇のお知らせです。

  8月11日(日)

    ↓

  8月16日(金)

までの期間を休業とさせて頂きます。

ご不便をお掛けしますが、どうぞ宜しくお願い致します。

薪ストーブ   投稿者 : mnonaka

2019.07.14 コンプレッサーのモーター交換

弊社トラックの整備等でお世話になっているご近所の自動車工場が、道路の拡張工事に

伴い廃業することになりましたsurprise

永い間お世話になりました。

 

IMG_2247.JPG

工場備品の廃棄等にあたり、何か必要なモノがあれば持って行って構わないと言うことで、

こちらのコンプレッサーを有難く頂きましたwink

少々くたびれていますが、15気圧まで上がる大型のコンプレッサーです。

実は以前から、高気圧仕様のコンプレッサーが欲しかったのですyes

 

IMG_2248.JPG

しかし、問題が!

コンプレッサーのモーターが、200Vの三相電源ですsurprise

出力も4馬力(3キロワット)あります。

200Vの動力電源を契約すればそのまま使えるのですが、コンプレッサーのためだけなので

もったいない気がします。

 

IMG_2891.JPG

そこで思いついたのが、動力のエンジン化です!

探してみると見つかるもので、県内のある解体工場で30年前のデットストックを発見surprise

信頼のHONDA  GX140 5馬力です!

しかも流通量が極めて少ない、自動遠心クラッチ付きで1/2減速仕様です。

つまり定格出力と回転数がモーターとピッタリなのです!

価格は、当時の定価の半分以下で入手!!

 

IMG_2874.JPG

さて、実はここからが大変。

写真奥のモーターに付いているプーリーを、エンジンに付け替えなければいけません。

 

IMG_2886.JPG

モーターの軸は直径24mm

 

IMG_2884.JPG

エンジンの軸は 22mm・・・。

直径 2mmの差を何かで埋めなければいけません。

そこで頼りになる、機械加工が得意過ぎる友人に相談。

 

IMG_2897.JPG

次の日には、厚さ1mmのスペシャルカーラーを造ってくれましたsurprise

キーが入るように、カーラーの一部はカットされています。

良く考えられていますwink

 

IMG_2900.JPG

早速エンジンに取り付けます。

見事なはめ合い公差で、軽くプラスチックハンマーで叩くだけでスムースに入りましたyes

 

IMG_2904.JPG

3本の駆動ベルトを掛け、ラインを出してエンジンを固定します。

 

IMG_2901.JPG

エンジンにオイルとガソリンを入れ、始動しますblush

クラッチ付きなので、アイドリングでスタンバイです。

アクセルを開け、エンジンの回転数を上げるとプーリーが回り始めます!

タンク内の圧も上がり、動力のエンジン化は大成功でしたyes

トラックに積んで移動すれば、どこでもコンプレッサーですね!

何に使うかは、いずれレポートしますwink

薪ストーブ   投稿者 : mnonaka

2019.07.11 薪割り機のエンジン交換

購入して15年が経った弊社の薪割り機、ヤードマシーンの20tonタイプですが、

作業中ついにエンジンが逝ってしまいましたcrying

 

IMG_0563.JPG

原因はエンジンオイルのレベルが下がっての焼き付きです。

(エンジンを外した状態です)

薪割り機本体はアメリカ製ですが、エンジンはMADE in CHINAですsurprise

 

IMG_1977.JPG

既に同じものは無いのと、信頼性で言えばHONDAにはかなわないので、アメリカHONDAに発注!

3週間程で届いたのですが、MADE in MEXCICOsurprise

工場はメキシコにあるんですねぇ。

しかし、なぜアメリカHONDAかと言うと、出力軸がバーチカル(垂直)のタイプは極めて珍しく、

国内ではほぼ流通していないことが分かったからです。

 

IMG_1982.JPG

さて、これからが大変です!

オイルポンプと出力軸のセンターを合わせたり、距離を適正化させます。

 

IMG_0621.JPG

また、オイルポンプとの接続にはカップリングが介在しますが、シャフトの径も重要です。

 

IMG_1983.JPG

そのためには、各部の正確な実測が欠かせませんblush

 

IMG_1998.JPG

そして実際に加工するのですが、長過ぎる出力軸を大胆にカットしたり・・・、

 

IMG_1995.JPG

マウントのレベルを調整するためのブッシュをアルミで製作します。

 

IMG_1992.JPG

固定ボルトの数に合わせて4ヶ製作しました。

こちらは金属加工が得意過ぎる、古い友人にお願いしましたwink

この様な形状なら、電話(口頭)で注文してなんと1時間程で完成です!

 

IMG_2004.JPG

マウントに仮置きして様子を見てみます。

バッチリですねyes

 

IMG_2005.JPG

かくして、OHCの最新エンジンへの交換が無事に完了しました!

こちらの薪割り機は、レンタルもしております。

詳しくはお電話下さい(092-405-4545 担当:野中まで)

薪ストーブ   投稿者 : mnonaka

2019.06.29 梅雨の晴れ間に!

福岡県太宰府市の新築住宅に薪ストーブを設置しました!

 

DSCN4631.JPG

チムニーフラッシングタイプの雨仕舞ですblush

 

DSCN4633.JPG

煙突の飛び出し部分を補強する場合は、特に有効な仕様ですwink

 

DSCN4638.JPG

薪ストーブ本体の搬入です。

デンマーク製 モルソー社 1126CBです。

この薪ストーブ歴史は古く、デンマークの建築家によるデザインで

なんと1980年のデビューですsurprise

既に40年近く経っていますが、根強い人気のベストセラーモデルです!

 

 

DSCN4639.JPG

テラスに面した土間が、1126CBのステージです!

 

 

      IMG_2684.JPG 出展:新宮商工

なんと、初期のモデルには扉にガラスが無かったのですねsurprise

そうです、美しい炎を見ることができなかったのですcrying

当時は耐熱ガラスが大変貴重で、コストに見合わなかったのが

理由の一つです。

その後、各モデルでガラス扉が採用され始め、美しい炎を見る

ことで、目(心)でも暖房を得ることができる様になりました。

 

DSCN4655.JPG

そんな働きをもつガラス扉を取り付け、煙突を接続し設置が完了です!

 

DSCN4654.JPG

そして火入れを行いました!

すぐに二次燃焼が始まり、美しい炎を見ることができますlaugh

肌寒い梅雨の時期に焚いてみると、室内がカラッとして洗濯物が良く

乾きますyes

この時期に薪ストーブを使っているユーザーは、意外に多いと思いますよ!

 
薪ストーブ   投稿者 : mnonaka

2019.06.07 ショールーム休業日のお知らせ

下記の日程にて、社内研修のためショールームを休業致します。

 6月8日(土)~10日(月)

ご迷惑をお掛けしますが、どうぞ宜しくお願い致します。

薪ストーブ   投稿者 : mnonaka

2019.05.30 デンマークプロダクト

福岡県直方市の新築住宅で、薪ストーブの設置工事を行いました!

 

DSCN4394.JPG

構造はRC造で、煙突を壁から出す仕様ですblush

正確なアンカーの打設が、煙突の取り付け精度の決め手となりますyes

 

IMG_1736.JPG

後日、足場が解体されました!

シャープで格好良い外観です。

 

DSCN4726.JPG

そして、薪ストーブ本体の搬入なのですが・・・、

 

IMG_1723.JPG

製品の高さが1,370ミリもあり、しかも燃焼室が回転する構造ですsurprise

そのため、予め上下に分離して搬入を行いますwink

それにしても、ベアリングを多用した複雑な設計ですね。

 

DSCN4731.JPG

設置場所は2階です。

炉台の前で組み立てます。

 

IMG_1741.JPG

煙突を接続して、設置工事が完了です!

(燃焼室を45°回転した状態)

炉台は、特注のスチールボックスで、左側の棚には薪がストックできます。

 

IMG_0045.JPG

早速火入れを行い、薪もディスプレイしましたlaugh

薪ストーブは、デンマーク製 ライス社のQ-BE。

一体型の2面ガラスを通して。立体的な炎を楽しめます!

高精度な加工が実現するのは、クレバーエアーシステムです。

着火後は、ドアを閉めるだけで完全自動運転となる仕組みですsurprise

もちろん薪の追加は必要ですが、温度や空気の管理はお任せです!

それにしても、デンマークの一流のプロダクトが集まりましたねyes

 

IMG_0054.JPG

廊下の奥、玄関ホールにはPHのアーティチョークがお迎えしてくれます。

 

IMG_0056.JPG

銅のアーティチョークは初めてお目にかかりましたblush

もしかすると、薪ストーブ工事より高価かもindecision

薪ストーブ   投稿者 : mnonaka